FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張らないバドミントン上達法

●--------
  頑張らない上達法
      --------●

前回の「はじめてのバドミントン」はいかがでしたか?

今回は「ラケットをつまむ」をお送りします。

【ラケットをつまむ】
        
              技術レベル2   ★★☆☆☆

今回のテーマは「ラケットをつまむ」です。

あ、打ち間違えではありません。

シャトル
じゃなくて

ラケットをつまむ
です。

今回のオリンピックのテレビ放送を見ていて、改めて感じたことがありました。

女子ダブルス、サービスの瞬間。

選手の手がアップになりますよね。

シャトルつまんでいますよね。

ラケットを持った手(右手)は、ラケットのどの部分をどんなふうに
握っていましたか?

思い出してください。
選手によって多少の違いはありますが、大部分の選手は

「え~~~そんなとこ?」

って部分を握って・・・・・

いや、握ってないです。

「つまんで」いました。

そうです。
グリップの一番上部。

もうそれ、シャフトやん!
って部分をつまんでいましたよね。

だからグリップテープもグリップを通り越して、シャフトまで巻きつけて
いますね。

どうしてでしょう?

ダブルスのショートサービスは、とくに大きな力を必要としません。
それより正確なラケットの動き、デリケートな力加減が要求されます。

だからなるべくラケットを短く持って、ブレの少ない状態でサービスを
出すのです。

で、ずっとそのままなのか?と言いますと、ラリーが始まって、コート後ろ
からスマッシュを打つときは、ちゃんと長く持ち替えて打っています。

短くつまんでサービス。
長く持ち替えてスマッシュ。

テレビではそこまで見る事は難しいですが、実際の大会を見に行けば、
分かります。
バドミントンの観戦も、そんなふうな意識を持って見てみるとまた違った
「気づき」があるかもしれませんね。
是非お近くで大きな大会があれば観戦に行ってみてください。

いかがでしたか?

では頑張らずにやってみてください。

●--------
  今さら聞けない質問集
        --------●
今回は、おおいに盛り上がったオリンピックについて、私なりに感じた
ことを書かせていただきたいと思います。

今回の注目はやはり、末綱/前田ペアでしたね。

私も準決勝の対韓国戦(李孝貞/李敬元)の録画をゆっくり見たのですが、
なんとも見どころ満載の試合でしたね。

どうも私は、審判の経験上、恐らく皆さんと違う視点で試合を見てしまって
いるような気もしますが・・・

まず試合序盤、開始いきなりで韓国選手へのサービスフォルト。
サービスジャッジのジェスチャーから、オーバーウェストだったようです。

次に、1ゲーム目中盤で韓国ペアが見逃したクリアーのラインのジャッジ。

線審が「イン」とジャッジしたのですが、すぐさま主審が「アウト」と
ジャッジしました。
いわゆる「オーバーコール」です。

珍しい一幕でした。

さらに試合が進み、またしても韓国ペアにサービスフォルトが。

このあたりで、ちょっと試合の雰囲気が変わってきましたよね。

そして、18-18 の時に、再びサービスフォルトを取られた韓国選手。
主審に詰め寄り、サービスジャッジを交代させろと要求したようです。

主審に断られた韓国選手は、レフェリー(競技役員長)を呼び寄せます。

ここまでするかぁ~~って展開でしたね。

結局、レフェリーにもなだめられ、試合を再開するように促されましたが、
まだ彼女は執拗に交渉していました。

ここで、主審が「イエローカード」を取り出すジェスチャーをしたのが
分かりました?

主審は自分の左胸のポケットに手を入れて、カードを取り出すしぐさを
しました。

それを察した彼女は、おとなしくコートに戻りましたね。
見ていて、「あっ!オリンピックでイエローカードが出るんか?」
って一瞬思いましたが・・・・

結局、接戦の上、この第一ゲームは、末綱/前田ペアは落としてしまいました。

そして2ゲーム目も忘れた頃、14-9 のタイミングでサービスフォルト。
16-11 のタイミングで、韓国ペアが汗を拭かせてくれと、主審に頼み
断られました。

最後は、試合中にシューズを脱いで履き直す場面まで・・・・

ま~よくここまでやるな~って選手でしたね。

色々と意見はあると思いますが、「徹底的に勝ちにこだわる」という姿勢が
ある意味勉強になったと思いました。

どんなことをしても、ルール違反にならないなら、自分のペースで試合を
運ぶんだ。

そんな意気込みが感じ取れました。

それよりも、あの大舞台で堂々と何度もサービスフォルトを取る。
あの審判員は、心底すげ~~~と思いました(笑)

自分なら絶対無理・・・・です(汗)
スポンサーサイト

テーマ : バドミントン - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

イーグレットさん

Author:イーグレットさん
バドミントンが大好きなメンバーばかりです。週1回火曜日19時~21時の練習に参加出来そうな方で、試合にも出てみたい方は一緒に練習しましょう。イーグレットで練習したい方は谷村宛にコメントお願いしま~す!部費は正メンバー(イーグレットとして試合に出れる方)1ヶ月500円、(visitor1回500円)・スポーツ障害保険加入
《戦績表》
女子:(S)26位T 高橋 谷村 H20春
(D)3部ベスト8 三浦・谷村 H17秋
男子:(S)2部6位T 山城 谷村 H20春 (D)3部ベスト16清原・谷村 H17春
団体戦:【女子】 2部予選リーグ(岡本・中向・西・丸尾・三浦・柳瀬) H19冬  【男子】 2部 4位(清原・菅野・谷村・中村・南部・松村) H20夏     

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
back Badminton Ring next
random list