FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張らないバドミントン上達法から

●--------
  頑張らない上達法
      --------●

前回の「長距離走をすべき?」はいかがでしたか?

先週数名の読者様から長距離走についてのご意見を頂きました。
私の言葉不足だったのかもわかりませんので、ひと言だけ付け加えさせて
いただきます。

私はバドミントンにおいて長距離走は不要だ。
と申し上げているのではありません。

現に私自身が試合前は少なくとも一ヶ月前から早朝のランニングを始めます。
毎朝約7キロをキロ5分のマイペースで走ります。

マラソンのレースにもフル(42.195km)もハーフ(21.0975km)も参加して
います。
ハーフ1時間30分台は早くもないですが遅いほうではないと思います。

ただどのような目的意識を持って走るのか?
そこを考えていただいたほうが間欠運動のバドミントンにとって、より効果
が上がるのではないかと考えています。

誤解を生じさせたようで申し訳ありませんでした。
補足してお詫びいたします。

さて

今回は「ゼロポジションとは?」をお送りします。

【ゼロポジションとは?】
              技術レベル3   ★★★☆☆

ゼロポジション(Zero Position)って聞いたことありますか?

もともと医学用語だったようですが、最近スポーツの指導書に書かれていたり
コーチなどの口から耳にすることも多くなりました。

ちょうど先週はテレビで女子バレーボールを放送していましたね。
このゼロポジションという言葉は、バレーボールのスパイクの時の肩から腕の
フォームや、野球のピッチャーの投球フォームのたとえで説明されることが多
いです。

ひとことで言うと、ゼロポジションとは肩の一番自然な位置のことです。

このゼロポジションの位置で、スパイクを打つ、ボールを投げることが、一番
肩に負担がかからず、怪我も無くパワーも最大限に出せるということです。

そう、もちろんバドミントンについても同様です。
ゼロポジションでシャトルをヒットするのが一番効率が良いのです。

では、具体的にゼロポジションとはどんなポジションなのでしょう?

ちょっとやってみましょう!

まず周りを見渡してください。
怖い上司や旦那さんが見ていませんか?

季節の変わり目で変な病気にかかったと思われる恐れがありますので。

はい。では・・・

まず両手を頭の後ろで組んでみてください。
そうです、腹筋運動をする時にとるポーズです。

その状態で腕の力を抜いてください。

ヒジが自然と肩より前に出ますよね。
そしてヒジの位置は当然肩より上。

そのまま、右手のヒジと肩を動かさずに両手を解いてヒジから先が垂直に
なる位置に持っていきます。
そう中指が天井を向く位置です。

出来ましたかぁ~~~

はい。その手にラケット持って!

そう、その位置がゼロポジションです。
すなわち、その位置が一番シャトルに自分の力を伝えやすいポジションと
いうことですね。

結構打点下ですよね。
また、腕は耳からかなり離れていますね。

でも実際、バレーボールの選手も野球のピッチャーもこの位置で振りかぶって
ボールをヒットしたり、投げたりしていませんか?

より高い位置でシャトルを捕らえなさい。
頭の真上でヒットし、腕は耳に当たるように真上に振りなさい。
左肩は下げないように。

などなど。
よく聞きそうなアドバイスですが、このゼロポジションから考えるとちょっと
違う感じになりますね。

実際、日本バドミントン指導者連盟の教本にも同様のことが書かれています。
このゼロポジション。
少し意識して練習してみてください。

気分的にも楽ですしきっと今より力強いシャトルが打てると思いますよ。

あ、もう腕・・・・いいですよ。
おろしてください(笑
いかがでしたか?

では頑張らずにやってみてください。

●--------
  今さら聞けない質問集
         --------●
【質問】
バド研マスター様

「フォルト」か「レット」か?
凄く迷った時がありました。

試合中に私が打ったシャトルが、ネットを越えた後にネットの相手側に
ひっかかりました。
シャトルはひっかかったまま動かない状態です。

さて、「フォルト」でしょうか?「レット」でしょうか?

競技規則を読むと非常に微妙な書き方がされてまして・・・

第13条 フォルト
第13条第2項
サービスでシャトルが、
(1)ネットの上に乗ったとき
(2)ネットを越えた後、ネットにひっかかったとき
(3)レシーバーのパートナーによって打たれたとき

(2)に当てはまりそうですが、「サービス」ではなく「ラリー中」に
ひっかかったので、これには該当しないと思います。

第13条第3項
インプレーのシャトルが、
(3)ネットの上を越えなかったとき

これに該当するのでしょうか?それとも、

第14条 レット
第14条第2項
(3)サービスが打ち返されて、シャトルが:
  1、ネットの上に乗ったとき
  2、ネットを越えた後、ネットにひっかかったとき

私はこの2に該当すると思いましたが、その時の審判の方の判定は
「フォルト」でした。

この審判の方は公認の資格は持たれていません。
どうか、ご回答のほど宜しくお願い致します。
埼玉県 八重樫様

【答え】
ご質問ありがとうございます。
すごく調べられて勉強されていますね。
ご立派です。

さて答えは、

第14条 レット
第14条第2項の2

で正解です。
八重樫さんの見解通りです。

少しややこしいのですが同じ状況がサービスの時に起こったら、フォルト
なのです。

なんでやね~~ん!

って質問は私にしないで下さい(笑)
考えると寝られなくなりますから・・・

でもこんなケースって珍しいですねぇ。
狙って出来るものでもないし。

こんどまた遭遇したら写真撮っておいたほうがいいかも?です(笑)
スポンサーサイト

テーマ : バドミントン - ジャンル : スポーツ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

イーグレットさん

Author:イーグレットさん
バドミントンが大好きなメンバーばかりです。週1回火曜日19時~21時の練習に参加出来そうな方で、試合にも出てみたい方は一緒に練習しましょう。イーグレットで練習したい方は谷村宛にコメントお願いしま~す!部費は正メンバー(イーグレットとして試合に出れる方)1ヶ月500円、(visitor1回500円)・スポーツ障害保険加入
《戦績表》
女子:(S)26位T 高橋 谷村 H20春
(D)3部ベスト8 三浦・谷村 H17秋
男子:(S)2部6位T 山城 谷村 H20春 (D)3部ベスト16清原・谷村 H17春
団体戦:【女子】 2部予選リーグ(岡本・中向・西・丸尾・三浦・柳瀬) H19冬  【男子】 2部 4位(清原・菅野・谷村・中村・南部・松村) H20夏     

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
back Badminton Ring next
random list